ヘッダー画像

中古車の査定額は地域によって違う?

中古車の査定額といのうは、各地域によってバラつきがあり、実際、査定額は変わってきます。

つまり、どの業者でも同じ査定額ということはないのです。


なぜそうなるのかといいうと、例えば、積雪のある地域に所在する中古車店では、4WDの車の需要が高くなります。

雪の多い地域では、寒冷地対策の設備が整った4WD車が高く評価され、高額査定になります。

逆にこうした地域では、ノーマル車の査定額は下がります。

地域差といのうはどうしてもあり、軽自動車などは、関西方面の方が需要が高い傾向にあります。

関西人は、財布のひもが固いので、こうした結果が出ているのかもしれません。

大阪や京都では、軽自動車やコンパクトカーなど小回りの効く車が人気なので、こうした地域では、これらの車種の価格が高くなります。

ただ、地域によって査定額に差が出るのは事実なのですが、全国チェーン店を展開しているところは、その差は小さくなります。


地域による査定額の差が気になるなら、オンライン一括査定を利用することです。

なぜなら、自分の住まいの地域で愛車を一番高く評価してくれる業者と査定額がわかるからです。